京都市役所

京都市役所

 京都府と京都市は25日までに、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を19~21日に下船した乗客の中で、府内在住者は40代~70代の男女20人(うち14人は市内在住)と明らかにした。全員が船内で検査を受け、陰性と確認されている。府と市は毎日電話連絡を取って健康状態を聞いているが、国からの情報伝達では遅れが目立ち、課題が出ている。

 健康確認は下船から14日が経過する3月4日~6日まで行う。現時点で発熱などを訴えている人はなく、公共交通機関の利用や外出の自粛要請に全員が応じているという。今後も下船者で府内に戻る人がいた場合、厚生労働省から連絡が入るという。

 府はクルーズ船内で感染が広がって以降、下船後の健康確認が必要になると判断し、乗客に府内在住者が含まれるか厚労省に対し問い合わせを続けてきた。19日に健康観察期間を終えた陰性の乗客らの下船が始まったが、同日の下船者に府内在住者が4人いると府に伝えられたのは21日夜。オーストラリアで下船者2人の感染が確認された後だった。

 さらに20、21日の下船者に府内在住者16人がいるとの情報が伝えられたのは23日夜。日本人の下船者で初の感染が22日に栃木県で確認された後だった。

 府はこれまでクルーズ船乗客だけでなく、中国湖北省武漢市から日本政府のチャーター便で帰国した府内在住者がいるか問い合わせを続けているが、返答はないという。府幹部は「国が感染者の対応を優先させるのは分かるが、速やかな情報提供を求めたい」と話す。

 京都市は19日、下船した夫婦2人が市内在住者と報道で把握したが、厚労省から連絡があったのは府と同じく21日夜だった。市幹部は「連絡が遅かったり、電話してもつながらなかったりするケースが多い。市民と直接対応しているのは自治体なのに、国に振り回されている」と漏らした。