プレシーズンマッチに挑む京都サンガの選手たち=サンガスタジアム京セラ

プレシーズンマッチに挑む京都サンガの選手たち=サンガスタジアム京セラ

 新型コロナウイルスの感染拡大でJリーグが3月15日までの公式戦中止を決めたことを受け、J2京都サンガFCが新本拠地「サンガスタジアム京セラ」(府立京都スタジアム)で行う予定だったホーム開幕戦も3月18日の第5節以降の開催となった。

 延期されるのは、ともにホームの第2節長崎戦(3月1日)と第3節琉球戦(8日)、アウェーの第4節甲府戦(14日)。サンガの伊藤雅章社長は「リーグが安全第一で判断したことを尊重したい。早く小康状態に入り、試合が再開されることを望む」と話した。サポーター連合会の山内宣人事務局長は「監督や選手が替わってチームが新しくなったので、準備期間が増えたとポジティブに捉えたい」と語った。

 サンガは、試合の代替開催日やチケットの取り扱いについて今後発表するとした上で「購入したチケットは捨てずに保管を」と呼びかけている。