防衛大学校で息子が受けた暴行やいじめの実態を語る女性(京都市中京区・京都弁護士会館)

防衛大学校で息子が受けた暴行やいじめの実態を語る女性(京都市中京区・京都弁護士会館)

 防衛大学校(神奈川県)で2013~14年、上級生らから暴行やいじめを受けて体調を崩し、退学した福岡県の元男子学生(25)の母親がこのほど、京都市中京区の京都弁護士会館で講演した。防衛大で横行していた指導名目の陰湿な行為を紹介し「暴力が連鎖するあしき伝統を断ち切らないといけない。実態を知ってほしい」と訴えた。

 元学生が上級生らに賠償を求めた訴訟は昨年2月、福岡地裁が7人に計95万円の支払いを命じ、確定した。一方、国に賠償を求めた訴訟では、同地裁は「教官らは暴行を予見できなかった」として請求を棄却。現在、元学生は福岡高裁に控訴している。
 母親は、指導と称して息子が机の中身をぶちまけられたり、顔を殴られたりしたほか、アルコールを吹きかけられ陰毛に火をつけられたと語った。風俗店に行けという指示を拒否して以降、行為は激しくなったといい「言うことを聞かない不出来な自衛官と見なされ、目をつけられた。でも自衛官だって人間らしく生きる権利がある」と述べた。
 防衛大が事件後に学生1874人を対象に行った調査で「暴力は許されない」と回答したのは12人にとどまったと報告し、「人権意識の低い人たちが幹部になっていく。このままで良いはずがない」と話した。
 講演会は「防衛大学校人権侵害裁判が問いかけるもの」と題して市民団体「自衛隊員の命と人権を守る京都の会」などが主催、約40人が参加した。