「中小企業・業界研究会」に参加し、マスク姿で企業の説明を聞く学生たち(京都市下京区・京都経済センター)

「中小企業・業界研究会」に参加し、マスク姿で企業の説明を聞く学生たち(京都市下京区・京都経済センター)

 2021年春卒業の学生を対象とする会社説明会が1日に解禁され、就職活動が本格的に始動した。新型肺炎の感染拡大に伴う採用活動の混乱に備え、京都や滋賀の企業も代替策に動き始めている。その柱となりそうなのが、対人接触を避けるサイバー空間の活用だ。

 タクシー地場最大手の彌榮自動車(京都市下京区)は、学生向けの企業説明会を3月中旬まではインターネット上の「ウェブ説明会」に切り替える。オンライン面接システムのサービスを利用し、3人程度を対象にライブ中継型の説明会を開く。人手不足のタクシー業界で、遠方に住む求職者の負担軽減とウイルス感染防止が狙いで、同社は「感染リスクを減らし、学生に安心して参加してもらえる」(人事部)とする。

 また、就活支援サイト運営の学情も登録者向けにオンライン面接システムを提供。リクルートキャリアは「リクナビ」で動画説明会のサービスを始める。