「高額購入の際には声掛けをしている」と話す岩崎哲哉さん(右)と妻の三友紀さん=亀岡市安町・亀岡署

「高額購入の際には声掛けをしている」と話す岩崎哲哉さん(右)と妻の三友紀さん=亀岡市安町・亀岡署

 高齢者の特殊詐欺被害を防いだとして、京都府警亀岡署は27日、京都府亀岡市のファミリーマート亀岡追分町店の店主、岩﨑哲哉さん(53)に感謝状を贈った。

 岩﨑さんは7日午後5時ごろ、だまされて電子マネー30万円分を買い求める市内の70代男性に、購入を思いとどまらせた。男性が商品の扱いに不慣れなのを不審に思い、店内で犯人の男から掛かってきた電話を替わったところ詐欺と確信、すぐに110番した。
 岩﨑さんは、妻で店長の三友紀さん(48)と安町の同署を訪れ、塩見孝康署長から感謝状を受け取った。「今回は防止できたが、客が後で被害に気付く場合も多い。これからも声掛けを頑張ります」と気を引き締めた。