八幡署

八幡署

 私用のスマートフォンで捜査書類などを撮影して画像データを持ち帰ったとして、京都府警が、八幡署の20代男性巡査を本部長訓戒の内部処分にしていたことが27日、府警監察官室への取材で分かった。処分は13日付。

 府警によると、巡査は昨年2~9月、八幡署内で捜査書類や事件現場の添付写真など約150点をスマホで撮影して、データを自宅のパソコンに保存するなどした。中には個人情報が記載されたものもあった。外部に流出した形跡はないという。
 巡査は「自分が捜査書類を作る際の参考にしようとした。考えが甘かった」と話しているという。た」と話しているという。