スプレッドが2018年11月に本格稼働した最新鋭のレタス工場。棚に並ぶレタスをロボットが収穫する(木津川市・テクノファームけいはんな)=同社提供

スプレッドが2018年11月に本格稼働した最新鋭のレタス工場。棚に並ぶレタスをロボットが収穫する(木津川市・テクノファームけいはんな)=同社提供

 レタス工場を手掛けるスプレッド(京都市下京区)の植物工場事業が「第2ステージ」に入った。自動化技術を駆使して約1年前に京都で本格稼働した世界最大級のレタス工場の収益黒字化を射程に捉え、外食など新たな販路の開拓も急ぐ。レタスの次を担う工場産青果としてイチゴ栽培を研究中で、数年後の商品化を目指す。

 高さ10メートル近い巨大な棚が並び、LED照明に照らされたレタスの葉が青々と輝く。青果流通を主力とするアースサイド(下京区)傘下のスプレッドが2018年11月、京都府木津川市の関西文化学術研究都市内に建設した新工場「テクノファームけいはんな」だ。収穫ロボットや水循環システムなど最新鋭の設備を導入し、日産3万株のレタス栽培を始めた。
 現在の稼働率は90%近くに達し、栽培工程のうち7割を自動化した。同社が07年に亀岡市に開設した第1号工場に比べ、従業員はほぼ半減し、レタスを出荷するまでの期間も約35日間と5日間短縮できたという。歩留まりを向上させ、19年度中の黒字化を目指す。
 注力するのが販路の拡大だ。「ベジタス」のブランドで展開するレタス全4種類の販売は、スーパー向けが9割を占める。08年の発売以来、累計販売は5千万袋を超え、消費者にも浸透してきた。無農薬栽培で水洗いやカットの手間も省けるため、稲田信二社長は「人手不足や食の安全面から外食、コンビニ業界にも販路を広げたい」と意気込む。
 工場のフランチャイズ化も進める。第1弾で石油元売り国内最大手のJXTGホールディングスグループと提携。JXTG側が20年末に千葉県で日産3万株のレタス工場を稼働させる。九州電力グループが昨年発表した植物工場の事業化計画にもパートナーとして加わった。スプレッドは栽培技術や工場運営ノウハウを提供し、収益源に育てる。
 レタスに次ぐ工場産青果の開発も急ぐ。有力候補がイチゴだ。現在研究を進めており、数年後に市場投入するプランを描く。
 業界団体の日本植物工場産業協会(東京)トップも務める稲田社長は「気候変動や労働力不足は世界的な課題で、植物工場への期待は大きい。露地栽培の作物を補完し、農産物を安定供給する仕組みを作りたい」と話す。