栄誉をたたえるメダルと賞状を手にする中谷さん(宮津市上司・海洋高)

栄誉をたたえるメダルと賞状を手にする中谷さん(宮津市上司・海洋高)

 水産・海洋系学科のある全国46校から特に優秀な成績を収めた生徒に贈られる「マリンマイスター顕彰」で、海洋高(京都府宮津市上司)の生徒が3年連続で全国1位に輝いた。

 同顕彰は「全国水産高校長協会」が17年度に創設。資格取得や検定合格といった実績を点数化して評価する。
 本年度、頂点に立ったのは海洋科学科3年中谷圭さん(18)。同協会が主催するカッターの全国大会に3度出場し、いずれも優勝や準優勝を果たしたことや小型船舶操縦士など資格を積極的に取得したことが高得点につながった。
 このほど同高で表彰式が行われた。中谷さんは卒業後、臨床工学技士を目指して大阪府内の大学に進学する。中谷さんは「カッターも資格取得もみんなで一丸となって取り組んだ。一人ではできなかったことで、周りの人に支えられていると感じた。卒業後も医療分野で生かしたい」と抱負を語った。