6種類のポスターの一つ、甲賀市バージョン

6種類のポスターの一つ、甲賀市バージョン

 JR草津線の忍者ラッピング列車「SHINOBI-TRAIN」内を彩るポスターがこのほど一新された。忍者に扮(ふん)した沿線住民らが名所をPRするユニークなポスターで、乗客を楽しませている。

 新ポスターは沿線の滋賀県5市1町の名所を紹介した6種類。いずれも住民たちが忍者になりきり、崖をよじ登ったり、巨岩を持ち上げたりしているように見えるデザインになっている。
 また、市民がそれぞれの「忍者写真」を写真共有アプリのインスタグラムに上げる「忍スタグラムプロジェクト」も開始。#Ninstagramを付けて投稿すると、列車の特設サイトで閲覧できる。
 ラッピング列車は、忍者ゆかりの滋賀県甲賀市と三重県伊賀市を走る草津線の利用促進を目的に2017年2月から運行を開始。令和初の「忍者の日」(2月22日)に合わせてポスターを刷新した。21年6月まで運行する予定。