京都府警城陽署

京都府警城陽署

 京都府警城陽署は2日、京都府城陽市内の89歳女性がキャッシュカードをだまし取られ、口座から計約430万円を引き出される詐欺被害に遭ったと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると2月26日、女性宅に城陽市役所や銀行協会の職員を名乗る人物から、保険料払い戻しの受け取りや、キャッシュカード交換を求める電話が相次いだ。女性はその後、自宅を訪れた金融機関職員を名乗る男にキャッシュカード3枚を手渡した。
 このうち2口座から、2月26日~3月2日の間に同市や大阪市内のATM(現金自動預払機)で、現金が引き出されたという。