大津地裁

大津地裁

 滋賀県守山市の河川敷で2018年3月、桐生しのぶさん=当時(58)=の切断された胴体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄、死体損壊の罪に問われた長女の元看護師のぞみ被告(33)の裁判員裁判の判決が3日、大津地裁で開かれた。大西直樹裁判長は懲役15年(求刑懲役20年)を言い渡した。

 大西裁判長は、犯行は残忍で動機も自己中心的として、強い非難に値するとした。一方で、長年にわたりしのぶさんから医師になるよう強く干渉され、「看護師になりたい」と言うと「あんたが我を通して不幸のどん底になる」などと強く否定されて殺意を強めたとして、経緯には同情の余地があるとした。

 公判で、弁護側は殺人罪の無罪を求め、死体遺棄、死体損壊罪については責任能力を争っていたが、大西裁判長は責任能力を全面的に認めた。

 判決では、18年1月20日ごろ、同市水保町の実家で、しのぶさんを何らかの方法で殺害し、同年3月10日までに遺体をのこぎりなどで切断し、近くの河川敷に投棄するなどした。