滋賀県警大津署

滋賀県警大津署

 滋賀県警大津署は3日、大津市内の女性(74)が、証券会社を名乗る男らに現金1950万円と電子マネー40万円分をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、1月17日、証券会社社員をかたる男から「南アフリカの通貨を買うか、名前を貸してほしい」と女性方に電話があった。女性が名義貸しを了承すると、別の会社を名乗る男から「女性名義で現金が振り込まれたが、名義貸しで逮捕されれば起訴される。公にしたくないなら600万円で通貨と電子マネーを購入して」などと電話があった。

 女性は2月25日までに計4回、宅配便で現金580万~790万円を送り、電子マネーの券面番号を伝えた、という。同日、宅配業者が梱包(こんぽう)の隙間から見えた現金を不審に思い、警視庁に届けて発覚した。