大津地裁

大津地裁

 滋賀県守山市の河川敷で2018年3月、桐生しのぶさん=当時(58)=の切断された胴体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄、死体損壊の罪に問われた長女の元看護師のぞみ被告(33)の裁判員裁判の判決公判が3日、大津地裁で開かれ、大西直樹裁判長は「強い殺意に基づいた残忍な犯行」として懲役15年(求刑懲役20年)を言い渡した。殺人罪の成立や責任能力が争点になったが、判決は全面的に有罪認定し、完全責任能力があったとした。

 大西裁判長は判決で、司法解剖所見や、しのぶさんに大きな持病がなかった点などから「想定できるのは他殺のみ」とした上で、救命措置をせずに死体損壊、遺棄に及んだのぞみ被告による殺害が強く推認される、とした。「母は包丁で首を傷つけ自殺した」とする被告の供述については「死因などの客観事実に矛盾し、不自然な点が多い」として信用性を否定した。また、被告に精神障害があったことを認めた上で、犯行前後に問題なく日常生活を送っていた点などから責任能力に影響はなかったとした。

 一方、犯行の背景には、しのぶさんによる長年の干渉や束縛があったと指摘。しのぶさんから助産師になるよう強要され、「看護師になりたい」と話すと「あんたが我を通して、私は不幸のどん底に落とされた」と強く叱責(しっせき)を受けたなど具体的事実を挙げ、「母の呪縛から抜け出せず追い詰められた末の犯行で、同情の余地はある」と情状面を考慮した。

 判決によると、18年1月20日ごろ、守山市水保町の実家で、しのぶさんを何らかの方法で殺害し、3月10日までに遺体をのこぎりなどで切断し、近くの河川敷に投棄するなどした。