【資料写真】わかさスタジアム京都(京都市右京区)

【資料写真】わかさスタジアム京都(京都市右京区)

 第145回社会人野球京都府春季大会(主催・京都府野球連盟、京都新聞)が7日、わかさスタジアム京都で開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて無観客で行う。

 日程は7、14、15、20日に1次リーグを行い、21日が決勝トーナメント。会場はすべて同スタジアム。日本新薬、ニチダイ、カナフレックスなど京都・滋賀と奈良の11チームが出場する。ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校は出場を辞退した。同連盟は、選手や関係者の入退場時の消毒など予防措置を徹底する。