滋賀県警本部

滋賀県警本部

 近江牛のホルモン販売先を巡って生産農家を脅したとして、滋賀県警捜査2課などは4日、恐喝容疑で、滋賀県副生物協同組合の理事兼事務局長の男(56)=詐欺罪で起訴、同県長浜市=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年10月11日、肉牛生産農家の男性(63)が解体後のホルモンを持ち帰るなどと主張したことに対し、「それなら内臓を洗わないから、そのまま持ち帰れ」などと電話で怒鳴りつけ、同組合に販売するよう要求し、同15日に肉牛4頭分のホルモン(店頭価格約73万円)を約8万円で脅し取った疑い。県警は認否を明らかにしていない。
 県警や滋賀食肉公社によると、ホルモンは解体直後に洗浄処理などをしなければ腐って商品価値を失う。同組合は、県内唯一の近江牛の流通拠点・滋賀食肉センター(近江八幡市)内で、独占的にホルモン処理や卸売りをしており、販路を巡って複数の生産農家とトラブルがあったという。
 公社は4日までに、同センター利用契約などの入札について、同組合を2カ月間の参加停止とした。