営業を停止したマクドナルド京都吉祥院店(4日、京都市南区)

営業を停止したマクドナルド京都吉祥院店(4日、京都市南区)

新型コロナウイルスの感染が確認された女性が勤務していた京都中央信用金庫事務センター(4日、京都市南区)

新型コロナウイルスの感染が確認された女性が勤務していた京都中央信用金庫事務センター(4日、京都市南区)

 京都府内でも新型コロナウイルスの感染確認が相次ぎ、4日夜までに計5人となった。感染者の勤務先は3日夜から4日にかけ、対応に追われた。

 日本マクドナルド(東京)は、3日確認された府内3人目の女性がアルバイトをしていた京都吉祥院店(京都市南区)の営業を同日午後9時から中止し、消毒作業を実施した。女性は勤務中マスクを着けていなかったという。同じ職場の従業員への対応や、営業再開は市と協議して決める。
 店名が公表された4日午後には同社は「市との協議を元に調査に協力する」とのコメントを発表。京都吉祥院店には一時的な営業休止を知らせる張り紙を店頭に掲示した。近くで月数回利用するという会社員男性(32)は「前日の昼は普通に営業していたので驚いた。私も仕事がサービス業なので、従業員に感染者が出た際の影響は計り知れない」と話した。
 女性が派遣社員として勤務していた京都中央信用金庫事務センター(同)は、消毒を実施した上で4日も業務を継続した。同センターは各支店の情報処理作業やコンピューター管理を担い、約300人が働く。同信金は、女性と同じフロアで勤務する約90人に対し、13日まで健康状態をこまめに確認するという。
 同信金は「感染が確認された職員は、顧客や外部との接触はない。関係機関と連携し、感染拡大の防止に努めたい」とし、専用のフリーダイヤル(0120)355774で顧客からの問い合わせに応じる。
 また、4日に感染が確認された4人目の女性が下京区の支店に勤務する豊通オールライフ(東京)は同日から13日まで、同支店の業務をテレワークにすることを明らかにした。