滋賀県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認され、記者会見する三日月知事(大津市・県庁)

滋賀県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認され、記者会見する三日月知事(大津市・県庁)

 滋賀県は5日、大津市在住の60代男性から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。県内での感染確認は初めて。男性は肺炎症状があり、市内の病院に入院している。現在は快方に向かっているという。感染患者は近畿2府4県全てで確認された。

 県によると、男性は2月24日に寒気を感じ、25日に38・4度の発熱があり大津市内の診療所を受診した。熱が下がった27日に2時間程度出勤したが、その後は再び発熱が続き、同じ診療所を計4回受診した。3月4日に市内の別の医療機関で肺炎の疑いが浮上したため、県衛生科学センター(大津市)がウイルス検査を実施したところ、5日朝に陽性反応が出た。
 感染ルートは分かっておらず、市保健所が勤務先や受診医療機関も含め、男性との接触状況や詳細な行動歴を調査している。海外渡航歴はないという。
 三日月大造知事は大津市の県庁で記者会見し、「感染拡大防止の対応をしっかりと行い、県民の不安に寄り添う」と述べた。