寄付金の穴埋めや改善工事費が京都府の補正予算に盛り込まれたサンガスタジアム京セラ(亀岡市)

寄付金の穴埋めや改善工事費が京都府の補正予算に盛り込まれたサンガスタジアム京セラ(亀岡市)

 サンガスタジアム京セラ(京都府亀岡市)の整備を巡り、京都府が建設財源として見込んだ20億円分の寄付金が集まらず、不足分全額を府民の借金である府債で補うことが5日までに分かった。穴埋めの府債発行額は17億4700万円に上る。また、日本サッカー協会から施設の不備を指摘され、改善工事のため5億8400万円を支出する。財源に多額の寄付を当て込んだ上、設計段階の調整不足も露呈した形で、府の当初計画の甘さに批判が出ている。


 スタジアムの寄付金は2018年3月に募集を開始。今年2月末で1億5千万円にとどまる。4月以降、企業などから約1億円の寄付を見込むが、目標の20億円にはほど遠い。建設は本年度で終わるため、府は年度末に府債を追加発行し賄う。寄付は今後も継続して募るという。
 日本サッカー協会から国際大会実施に向けて改善を求められたのは、客席とスタンドを区切る防護柵の高さ不足▽階段のスリップ対策不足▽スタジアム4階のVR(仮想現実)拠点施設整備の安全対策▽関係者用駐車場の整備-など多岐にわたる。3月27日に予定されている国際大会に間に合わせるため、一部はすでに着工し、財源は19年度予算で未執行のアユモドキ生息環境保全対策費やスタジアム以外のスポーツ拠点施設充実費などを流用する。
 5日、再開された2月定例会本会議で、スタジアム関連の府債発行や追加整備費を盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案は可決されたが、討論で山内佳子府議(共産)は「財源の見通しなく借金を増やした。(議会への)主要事項説明でも説明がなく、予算案にもぐりこませた」と批判した。スタジアムの総事業費は約181億円(亀岡市の用地取得費20億円を含む)に膨らむ。