滋賀県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認され、記者会見する三日月知事(大津市・県庁)

滋賀県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認され、記者会見する三日月知事(大津市・県庁)

 滋賀県は5日、大津市在住の60代の団体職員男性から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。県内での感染確認は初めて。男性は肺炎の症状があり、市内の病院に入院しているが快方に向かっている。県は濃厚接触者として男性の家族2人のウイルス検査を進めている。近畿では2府4県全てで感染者が確認されたことになる。


 県によると、男性に海外渡航歴はなく、感染ルートは分かっていない。
 男性は2月24日に寒気を感じ、25日に38・4度の発熱があり大津市内の診療所を受診した。熱が下がった27日にはJRを利用して大阪市内の職場に出勤したが、その後再び発熱が続き、同じ診療所を計4回受診した。3月4日に大津市内の別の医療機関を受診して肺炎の疑いが浮上。県衛生科学センターでウイルス検査を行い、5日朝に陽性と確認された。せきの症状はなかった。
 発熱前2週間の行動については、2月15~16日に妻と県内1泊旅行をしたほかは、自宅か職場で大半の時間を過ごしていたという。
 県は、男性と同居する50代妻と帰省中の20代次男のウイルス検査を行っている。診療所と医療機関の医師、看護師の計9人も濃厚接触者として検査する予定。
 大津市保健所は5日、男性が訪れた診療所に消毒を指示した。勤務先などでの男性との接触状況も調べている。