ダッシュボードに設置された、運転者の状態や動作を検知する「ドライブカルテ」

ダッシュボードに設置された、運転者の状態や動作を検知する「ドライブカルテ」

 オムロンのグループ会社で社会システム事業を担うオムロンソーシアルソリューションズ(東京)は、近畿大と共同で高齢者の運転技能をリアルタイムで診断する新サービスを開発した。
 

 同社はカメラやセンサー、衛星利用測位システム(GPS)で運転者の集中度と走行状態を検知する安全管理サービス「ドライブカルテ」を2018年4月から企業向けに提供している。
 
 新サービスはこれを応用し、近畿大の多田昌裕准教授が開発した運転技能評価、通知の手法と組み合わせ、運転技能を診断する。
 
 所定のコースで評価ポイントを設定し、データ化した教官の指導基準と実際の運転を比較。運転者の動作や車の挙動から危険な運転をその場で評価し、音声で通知する。
 
 教習所での高齢者教習などで教官の指導補助としての使用を想定する。今後実証実験を進め、20年度中の実用化を目指す。