笠置町長選に立候補した中候補(左)と坂本候補

笠置町長選に立候補した中候補(左)と坂本候補

 任期満了に伴う京都府笠置町長選が10日に告示され、写真家の中淳志氏(61)と、前町議会副議長の坂本英人氏(39)が、いずれも新人、無所属で立候補した。15日に投開票される。

 府内最少人口(2月末現在、1278人)で、65歳以上の割合を示す高齢化率が50%を超える同町は、少子高齢化が大きな課題。近年は町の事務処理を巡る不祥事も相次ぎ、住民の信頼回復の在り方も問われている。
 中候補は住民の声を聴いた行政運営を主張し、周辺自治体と連携した防災強化や公共施設のバリアフリー化、ターゲットを絞った観光政策などを訴える。
 坂本候補は住民との対話によるまちづくりを強調。買い物や交通の利便性確保や農業・商工業の発展、山村留学制度の構築などを公約に掲げる。
 中候補は政党・団体の推薦や支持は要請せず、共産党が自主的な応援を表明している。坂本候補は現町政を評価する姿勢を示し、自民、立憲民主、国民民主の各党が推薦している。公明党は自主投票とした。