京都府庁

京都府庁

 京都府教育委員会は、11日に開かれた府の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、府立の中高校、特別支援学校について、休校の期限を13日から19日まで延長することを明らかにした。11日中に各校に通知する。
 橋本幸三教育長は「府内の感染状況を踏まえると、春休みに入る前の19日まで延長することとした」と説明。ただ休校期間中も児童生徒の心身のケアや、学年末考査実施のため、学校側の判断で、16日以降は春休み期間も含めて登校日を設けることができるとした。
 登校日を設ける際には、学年別の時差登校や教室の分散化など、多人数が長時間同じ場所に集まらないよう工夫することも各校に求める。
 また特別支援学校で実施している児童生徒の居場所確保のための受け入れは、引き続き実施する。