平日の昼下がり、遊具によじ登る子どもたち(滋賀県草津市・矢橋帰帆島公園)

平日の昼下がり、遊具によじ登る子どもたち(滋賀県草津市・矢橋帰帆島公園)

 青空の下、大勢の子どもたちが歓声を上げ、遊具で遊ぶ。平日の昼下がり、滋賀県草津市矢橋町の矢橋帰帆島公園はにぎわいを見せている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために政府の要請で始まった学校の一斉休校。行き場のなくなった児童や中学生らが、親と一緒に、次々に訪れる。
 「学校も習い事も休みで、子どもが集まって遊ぶ場がなくて」。大津市から来た3児の母(43)は話した。
 困惑顔の保護者をよそに、子どもたちは遊具によじ登ったりして、元気にはしゃぐ。春の陽光があどけない笑顔を照らした。