枯死したウツクシマツ。「ここ2年ほど松枯れ被害が特にひどい」と保全活動を続ける地元住民は話す(滋賀県湖南市)

枯死したウツクシマツ。「ここ2年ほど松枯れ被害が特にひどい」と保全活動を続ける地元住民は話す(滋賀県湖南市)

 根元から枝が放射状に分かれた珍しい樹形で、全国で滋賀県湖南市にだけ群生するウツクシマツの松枯れ被害が深刻化する中、市の保全策がずさんだったことが分かった。被害状況の推移を正確に把握していないほか、薬剤散布・注入や枯れ木処分でも定められた手順を守らず、効果が無い手法を漫然と続けていた。専門家は「このままでは壊滅する恐れがある」と警告する。

 ウツクシマツはアカマツの変種で、同市平松の美松山(びしょうざん)の自生地1・9ヘクタールが国の天然記念物に指定されている。

 マツクイムシによる松枯れが全国で広がった1979年、自生地には264本のウツクシマツがあり、旧甲西町教育委員会が保護事業に着手。有識者らの調査を経て、薬剤による害虫駆除や枯れ木の伐採・処理などの手順を定めた。2004年に保存計画を改定し、市制発足後も引き継いできた。今春、住民と有識者による新たな計画策定委員会を設置し、観光活用も視野に検討を始めた。

 ところが、10日に開かれた第2回会合で地元区長の委員が「約半年で15本が枯れ、82本しか残っていない」と被害の深刻さを報告。一方、市教委は「来年3月の委託業者の調査報告を待つ」として現状説明を行わず、委員からは「対策が手遅れになる」と当惑する声が相次いだ。

 取材に対し、市教委は「(旧町が初調査した)79年から残る木は103本」と説明するが、これまでの被害の推移については「信憑(しんぴょう)性のあるデータがなく、答えられない」と回答。株ごとの変化など検証に必要な記録も作成せず、2000年ごろから約10年間は枯死したマツの伐採数すら不明という。市教委の吉永恵子生涯学習課長は「専門知識がない職員らで対応してきたので、自然を管理しているという認識が甘かった」と反省する。

 また、10日の会合では、保存計画の手順通りの処置ができていないことも市教委から報告された。本来6月ごろに行う殺虫剤散布を17年は8月に実施したり、伐採した枯れ木を焼却せずに防虫剤を散布して放置したことなどについて落ち度を認めた。

 薬剤注入についても、頻度が過多▽枝ごとでなく1株1箇所のみ▽ウツクシマツに限定し、周囲のアカマツには未実施-など不適切な処置が明らかになった。委員の増田信之・日本松保護士会副会長(66)は「松枯れ発生のメカニズムを理解していない」とあきれる。

 委員長の前迫ゆり大阪産業大教授(生態学)は「40年間、惰性で管理を続けてきた印象で、森林生態系への理解も希薄。このままでは壊滅の恐れもある」と批判。増田委員は「松枯れの予防法は確立しており、やるかやらないかの問題。予算増額も含め真剣に考えてほしい」と訴える。

 吉永課長は「市を挙げて自生地を守ろうという意識がなかった。委員会を通し、市役所全体や住民で知識や考え方の共有を図りたい」と話す。