「イケメン戦国◆時をかける恋」で登場する明智光秀のイラスト(C)CYBIRD

「イケメン戦国◆時をかける恋」で登場する明智光秀のイラスト(C)CYBIRD

 京都府福知山市と地元商工団体などでつくる福知山光秀プロジェクト推進協議会は、戦国武将を題材にした人気ゲームアプリとの共同企画を5月から始める。ゲームに登場する光秀を福知山の「PR武将」に据え、さまざまな企画を通じて光秀ゆかりの福知山城や城下町の魅力をアピールする。

 ゲームアプリ「イケメン戦国◆時をかける恋」で、端正な顔立ちの光秀や織田信長ら戦国武将と疑似恋愛をする設定。市によると、幅広い年代の女性を中心に、累計250万人以上が楽しみ、光秀は武将の中で一番人気という。
 企画では、福知山城で光秀への熱い思いを市民らに叫んでもらうイベントを行い、ゲームに登場する光秀キャラクターの等身大パネルや書き下ろしイラストを城内で展示する。市外在住者に市の情報を発信する「いがいと!福知山ファンクラブ」の登録者に限定の会員証を発行。動画作成や城の音声ガイドでもキャラクターを活用する。
 市秘書広報課は「福知山城に興味はあっても福知山のことを知らない人も多い。企画をきっかけに多くの人に福知山を訪れてほしい」としている。