新型コロナウイルスの感染拡大に備える新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案が12日の衆院本会議で、与党と立憲民主、国民民主両党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。