福知山市立福知山市民病院(福知山市厚中町)

福知山市立福知山市民病院(福知山市厚中町)

 京都府は12日、新型コロナウイルスの感染者が出た福知山市立福知山市民病院の医療関係者と入院患者らの検査を終えたと発表した。既に陽性が判明した40代介護福祉士と20代看護師、70代患者の女性3人のほかは新たな感染者はなかった。

 病院関係で検査対象となったのは190人。陰性だったのは医療スタッフ59人、入院患者(退院含む)125人。ほかに1人が転院先で亡くなっていたが、新型コロナウイルスとは別の疾患が原因とみられるという。別の3人は無症状のまま接触から2週間が経過し、健康観察を実施した。

 感染者の家族など院外の接触者については、介護福祉士の60代の両親の感染が確認されている。ほかに検査対象者だった17人は陰性だった。

 また京都市は12日、感染者の50代女性が市内の病院を退院したと発表した。2回のウイルス検査で陰性と確認された。女性は市内の金融機関に勤め、集団感染が発生した大阪市内のライブハウスを2月に訪れていた。今月3日に感染が確認され、4~11日まで入院した。

 京都府内で12日までに感染が分かった17人中、退院したのは4人となった。