【資料写真】京都水族館

【資料写真】京都水族館

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、京都市内のレジャー施設や百貨店は13日、臨時休館や時短営業の期間延長を決めた。

 京都タワー(下京区)の展望室は、再開日を15日から22日に変更。京都鉄道博物館(同)は休館期限を15日から31日までに延ばした。京都水族館(同)も4月上旬まで休館を延長する。東映太秦映画村(右京区)は19日までの休業期間延長を既に決めていて、各施設とも再開時期は状況によってさらに遅らせる場合がある。
 ジェイアール京都伊勢丹(下京区)は時短営業の期間を15日までから18日までに遅らせ、藤井大丸(同)も31日までの延長を決めた。