陽気に誘われ芽吹いたツクシ(京都府長岡京市長法寺・西山公園)

陽気に誘われ芽吹いたツクシ(京都府長岡京市長法寺・西山公園)

 春の訪れを告げるツクシが、乙訓地域で芽吹きだしている。京都府長岡京市長法寺の西山公園では、陽気に誘われて日ごとにツクシの数が増え、かわいい姿をのぞかせている。

 ツクシはトクサ科のスギナの胞子茎で、古くから食用の野草の代表として親しまれている。同公園を管理する市緑の協会によると、暖冬で梅の開花が極端に早かったことからツクシも同様に芽吹くとみていたが、2月に寒い日が続いた影響もあって、例年並みに姿を見せたという。
 同公園のツクシは日当たりのよい階段沿いの斜面で見られる。長いのは15センチほどに伸びて胞子を飛ばし始めている。ほかにも、地面から先端をのぞかせているのもいくつかある。同協会は「これからまだ増える。観察して楽しんでほしい」としている。