バンドを組んだ年の夏、憧れていたメトロでの初めてのライブが決まった。ずっと遊びに行っていたSecond Royalのイベントに呼んでもらったのだ。僕たちの初ライブを見たライブハウスナノの店長土竜さんが気に入ってくれたことが縁になった。

 それをきっかけにHomecomingsは今のレーベルに所属することになったので、とても大きな出来事だった。初めてステージに立って、たくさんの人が踊るフロアを見た時のドキドキした気持ちはずっと覚えているし、あのステージで楽器を準備する時には決まってそのことを思い出してしまう。

 そのあと感染ライブでodd eyesと共演することもできた。その頃にはodd eyesを脱退していた原田くんはHi,how are you?という名前で音楽を続けていて、今でも僕たちにとってとても大事な友だちだ。

 あの夜からずっと音楽は続いているのだ。だから早く新型コロナウイルス感染症が収まり、僕たちのもとにパーティーが戻ってくることを願っている。

 メトロの上にあった100円ローソンがなくなってしまう、というニュースを見て、僕はふとこんなことを思い出したのだった。