滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は15日、東近江市在住で日本人の50代会社員男性から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。発熱の症状があるが容体は安定しており、現在は入院している。滋賀県内での感染確認は2例目。

 県によると、男性は東近江市の清掃会社に勤務しており、同市の小売店でアルバイトもしている。海外渡航歴はなく、現時点で感染ルートは分かっていない。