共同通信社の世論調査によると、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に盛り込まれた緊急事態宣言の発令について「慎重にするべきだ」との回答が73・5%だった。「積極的にするべきだ」は24・3%。