【資料写真】ライトアップされた円山公園のシダレザクラ

【資料写真】ライトアップされた円山公園のシダレザクラ

京都市役所

京都市役所

 京都市は17日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自粛してきた市主催のイベントについて、感染防止策に取り組んだ上で順次再開する方針を明らかにした。民間事業者にも適切な実施を呼び掛ける。

 実施する市主催イベントは、20日から予定していた二条城(中京区)の桜まつり、円山公園(東山区)のシダレザクラライトアップ、24日から琵琶湖疏水(左京区)である「岡崎桜回廊ライトアップ&十石舟めぐり」、4月4、5日の市動物園(左京区)の夜間開園。
 政府の専門家会議は今月9日、イベント自粛や一斉休校の要請について継続を求めており、19日に再度議論する予定だが、市の対策本部は「専門家会議で示された注意点を踏まえて判断した。市が率先して過度な自粛ムードを和らげ、市民の心理的負担や経済への影響を緩和したい」としている。
 大阪府も今月13日、府主催イベントの再開方針を明らかにしている。