酵母「京の恋」から作った日本酒「初日の出 純米大吟醸 無濾過生原酒」

酵母「京の恋」から作った日本酒「初日の出 純米大吟醸 無濾過生原酒」

 羽田酒造(京都市右京区)は、市産業技術研究所(産技研)が新開発した酵母「京の恋」を使って作った日本酒「初日の出 純米大吟醸 無濾過(ろか)生原酒」を18日に発売する。日本酒を飲み慣れない人でも飲みやすいように、華やかな香りとすっきりした味わいに出来上がったという。

 産技研は、京都の有力な地場産業である酒造をバックアップするために、清酒用の酵母作りに取り組んでいる。リンゴ由来のほのかな酸味を持つ「京の恋」から作った初日の出は、イタリアンやチーズなど洋食にも合う味に仕上がった。

 同酒造で販売するほか、大丸京都店(下京区)やジェイアール京都伊勢丹(同)でも期間限定で取り扱う。今後、府内の小売店などにも販路を広げる。720ミリリットル入りで2420円。