滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は17日、大津市在住の20代無職女性から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。軽症で、県内の指定医療機関に入院している。県内での感染確認は4人目。

 県によると、女性は2月14日からスペインやモロッコなど10カ国を旅行。関西空港に到着した3月16日に39・1度の発熱があり、帰国者・接触者相談センターに連絡、17日にウイルス検査で陽性反応が出た。

 女性は1人暮らしで、帰国当日は空港から母親が運転する車で帰宅した。県は母親を濃厚接触者とみて検査する。搭乗機や空港内での接触状況の調査も関係機関が進めている。

 また滋賀県は、15日に感染が確認された東近江市の50代男性が勤務する清掃会社の同僚9人の検査結果について、全員陰性だったと発表した。男性の妻も感染したが、妻の勤務先に濃厚接触者はいないとしている。