定期受診の高齢女性を診察する医師。一般診療所では新型コロナウイルスの感染拡大に危機感が広まっている(京都市北区)

定期受診の高齢女性を診察する医師。一般診療所では新型コロナウイルスの感染拡大に危機感が広まっている(京都市北区)

 新型コロナウイルス感染症の対応に、京都府内の医療関係者が苦慮している。感染症対応の地域拠点でもある福知山市立福知山市民病院で介護福祉士と看護師の感染が確認され、医療機関にも危機感が広がるが、スタッフや設備は限られ、軽症患者の見極めが難しい課題にも直面している。

 「今までは対岸の火事だったが、いつ自分たちの病院にも感染が広がるか」。感染が疑われる人が受診する「帰国者・接触者外来」を開設する府内の病院の医師は不安を募らせる。
 受診時の院内の移動経路や診察室の隔離など施設面の防護策は問題ないが、診察は保健所からの要請を受けて対応する。未知の部分が多い初の感染症に、医師や看護師も日替わりで応じるため、「感染病に慣れていないスタッフもいる。防護服の扱いなど対応にはばらつきもある」と明かす。
 新型コロナウイルスは、かぜのような軽症も多く、患者が院内の一般外来を訪れ、待合室や廊下で接触が広がる可能性もある。医師としても初めて診る病気だが、1人の患者に割く時間も限度がある。検査は院内でできず、採取した検体を検査機関に送らなければ、診断は下せない。「今の日本の医療体制では、患者を早期に見極め、感染拡大を防ぐのは困難」。医師の実感だ。
 新型コロナウイルスは、インフルエンザのようにどの医療機関でも受診でき、検査結果が分かる仕組みとなっていない。一般病院が「疑い例」として行政の帰国者・接触者相談センターに報告するのは、肺炎を確認し、ほかの感染症ではないなど、国が定めた複数の条件を満たした場合だ。明確な症状がなければ判断も難しい。
 実際、府内4例目の50代女性は一般の病院を3回受診しても感染を疑われなかった。広島県では4医療機関を計8回受診し、検査に至ったケースもある。