京都市役所

京都市役所

 京都市は17日、西京極総合運動公園陸上競技場(右京区)の改修工事に伴う土壌調査で、2地点から土壌汚染対策法の基準値を微量に超えるヒ素が検出されたことを明らかにした。地下水から基準値を超えるヒ素は検出されず、周辺地域への影響はないという。

 市によると、調査は10メートル四方を1区画として計200区画で地表から深さ1メートルの土壌を調査した。2区画で検出されたヒ素は基準値の1・4倍と1・6倍だった。さらに深さ10メートルの調査と地下水調査をした結果、基準値を超えるヒ素は検出されなかった。改修工事の進行にも影響しないという。