5月から土日曜に一般公開される京都大の花山天文台(京都市山科区)

5月から土日曜に一般公開される京都大の花山天文台(京都市山科区)

 太陽の観測などで多大な業績を残し、アマチュア天文学の発展にも貢献してきた京都大理学研究科付属花山天文台(京都市山科区)で、土日曜の一般公開が5月2日から始まる。90年を超える歴史がありながら資金難で存続が危ぶまれる同天文台の魅力を発信し有効活用する狙い。


 1929年に開設され、太陽の観測や火星の偏東風発見などで功績を残したほか、「アマチュア天文学の聖地」とも言われ普及拠点になってきた。近年は老朽化や国立大の予算削減、京大に別の天文台ができたことで従来通りの活動が難しくなった。香川県のメーカーの寄付で10年間は存続できるが、その後のめどは立っていない。
 同天文台には年1回の特別公開や要望を受けて開く見学会などで年約3千人が来訪している。ただ土日曜に天文台を見たいとの市民の希望には人手不足で応じられないことがあった。天文台の存続に取り組んできた前台長の柴田一成教授が3月末で京大を定年退職し活動により力を入れられるようになり、公開の機会を増やすことにした。
 今回の一般公開では本館の45センチ屈折望遠鏡や現役では国内最古という別館の18センチ屈折望遠鏡などを見学できる。望遠鏡の操作はできないが、観測した太陽をリアルタイムで見られる。1月に訪れた英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天体物理学者のブライアン・メイさんが残した直筆サインや手形も公開する。
 柴田教授の講演や見学案内(土曜)、宇宙の立体映像の上映会(日曜)などもある。毎月1回、夜に星空の観望会も催す。柴田教授は「土日曜と言わず、できればもっとオープンしたい。かけがえのない花山天文台を多くの方に知ってほしい」と話す。
 入場料は大人千円、小中高生500円。講演や観望会などは別途料金や申し込みが必要。収益は天文台の維持に役立てる。今後の公開日や催しの日程、新型コロナウイルス感染拡大の場合の変更状況、申し込み、問い合わせは京大理学研究科付属天文台のホームページから。