滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は新型コロナウイルス感染拡大で日程を延期していた合同企業説明会を、30日に草津市で、31日に長浜市で開催する。事前予約制として入場制限するほか、参加者には入場前の体温測定やマスク着用を義務づけて感染を防ぐ。


 来春卒業予定の大学生や卒業後3年以内の若年求職者、外国人留学生らが対象。2日間で県内と京都府内の企業延べ143社が出展し、企業情報や採用情報、働き方改革の取り組みなどを説明する。
 30日の草津会場はクサツエストピアホテル(草津市西大路町)で、午前の部(午前10時~午後0時半)と午後の部(午後2時~4時半)の2回、各49社が完全入れ替え制で行う。31日の長浜会場は北ビワコホテルグランツィエ(長浜市港町)で、正午から午後3時まで45社が参加する。
 定員は各回最大300人。無料。参加者同士の接触を避けるため、会場面積を拡大し各ブースの間隔を空ける。発熱のある人は入場できない。40~50分ごとに換気し、各所に消毒液を設置する。

■日程は短縮、参加企業は減少
 県によると、延期の影響で説明会の日程を1日短縮。参加企業は当初の8割に減り、来春の採用を見送る企業も出ているという。
 申し込みは県ホームページ掲載の所定用紙に必要事項を記入し、しがヤングジョブパーク077(561)0007へ。