明治時代に奉納されて以来、初めて研ぎに出された刀「兼氏」(京都市左京区・玉置美術刀剣研磨処

明治時代に奉納されて以来、初めて研ぎに出された刀「兼氏」(京都市左京区・玉置美術刀剣研磨処

 京都市北区の上賀茂神社に100年以上前に奉納され、同神社で保管されてきた刀2本が南北朝―室町時代に作られたものであることがこのほど分かった。鍛造時期や奉納の経緯などが不明のまま蔵の中で眠っていたが、明治と大正時代の社務日誌(重要文化財)にもそれぞれ記録があることが判明。さび付いていた刀を初めて研ぎに出し、美しくよみがえった。

 2本のうち「兼氏(かねうじ)」の銘のある刀は、室町時代作とみられる。昨年末に神社の蔵で見つかり、左京区の研師玉置城二さん(46)に預けられた。玉置さんが20日ほどかけて研いだところ、「刃文(はもん)」と呼ばれる刀身の模様が美濃地方で作られた刀に特徴的なものだと分かった。玉置さんは「光を当てた時に刃文が強く輝くなど、明るい刀」と評価する。

 同神社の社務日誌には明治26(1893)年に奉納された記録があり、刀箱には大阪市中央区の古社である坐摩(いかすり)神社の紹介状が入っていた。

 また、同時に見つかったもう1本の「吉則(よしのり)」の銘入りの刀も南北朝時代末期から室町時代初期にかけてのものとみられる。京都工学校の設立者である島津益五郎が大正5(1916)年に奉納した記録があった。

 上賀茂神社では「古文書にも奉納の経緯が残されていて、歴史的価値が高い。この機会に古文書の研究をさらに進め、神社と崇敬者の関わりなどを明らかにしたい」としている。