同居していないカップル間で起こる暴力で、殴る蹴るといった身体的な暴力だけでなく、暴言を吐くなど精神的な暴力、性行為を強要する性的暴力、借りたお金を返さないなど経済的な暴力がある。現行の「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律(DV防止法)」は配偶者間の暴力を想定しており、デートDVは対象外となっている。