子ども見守りシステムの導入に向けて手を結んだ関西電力の白銀執行役員(右)、塩見署長(左)と桂川市長=市役所

子ども見守りシステムの導入に向けて手を結んだ関西電力の白銀執行役員(右)、塩見署長(左)と桂川市長=市役所

 京都府亀岡市は、登下校中の小学生の見守りシステム導入に向け、亀岡署と関西電力と協定を結んだ。IoT(モノのインターネット)の技術を活用し、子どもたちが安心できる通学環境を目指す。

 システムの導入は府内で初めて。ホイッスル型の小さな端末を携帯した児童が、別の端末を設置した「基地局」を通過すると検知される仕組み。学校や交番、コンビニなどが想定され、市内に200カ所程度設ける。
 取得した位置情報は小学校や亀岡署に共有され、行方不明児童の早期保護や犯罪抑止につなげる。保護者が直接、情報を確認するサービスは有料。
 このほど同市安町の市役所で開かれた締結式には、桂川孝裕市長と塩見孝康亀岡署長、関西電力の白銀隆之執行役員が出席。桂川市長は「事業所や市民の皆さんに協力いただく中で、安心安全な通学路を確保したい」と話した。今後、市内18校の児童約4800人に端末を配布し、保護者への説明会などを経て新年度1学期中の運用開始を予定している