地元産の卵を使ったメニュー(舞鶴市北吸・市役所)

地元産の卵を使ったメニュー(舞鶴市北吸・市役所)

 京都府舞鶴市千歳の舞鶴親海公園内にあるカフェレストラン「Ms deli(エムズ・デリ)」(農業法人ふるる運営)は20日から、地元産の卵や果物を使った「ぽわぽわパンケーキ」と「厚焼き玉子サンド」を販売している。同店は「卵本来の優しい風味を味わってもらいたい」としている。

 同店は、同市西方寺の養鶏場が、飼料米や赤くなった万願寺甘とうを使った自家配合の餌を与え、地面に放つ平飼いで育てているのに注目。この卵を素材に、店長の長道直子さん(54)とパティシエの淡路みちよさん(34)が作った。

 玉子サンドは、ケチャップやマヨネーズを混ぜたオーロラソースなどは使わず、卵の味をより感じられるようにした。パンケーキは、軽い食感で優しい風味になるよう、卵の力で膨らませたりきび砂糖を使用したりして工夫。ジャムやソースも地元産果物を使った。

 価格は、税込みで玉子サンド715円、プレーンパンケーキ880円、季節のパンケーキ1210円(5月頃まではイチゴ)。