平安神宮神苑に保存されている京都市電・狭軌1型2号車。1961(昭和36)年の北野線廃止当時のまま保存されている (京都市左京区)

平安神宮神苑に保存されている京都市電・狭軌1型2号車。1961(昭和36)年の北野線廃止当時のまま保存されている (京都市左京区)

 国の文化審議会は19日、日本初の路面電車として知られる民間の「京都電気鉄道(京電)」が、明治時代などに市街地を走らせた車両(京都市交通局二号電車)1両を重要文化財(重文)にするよう、文部科学相に答申した。京都市左京区の平安神宮が所有し、路面電車では初めての重文となる。交通史や科学技術史において価値が高いと評価された。

 二号電車は明治44(1911)年、堺市の梅鉢鉄工場で製造された。電動機や台車など一部に外国製品を用いたが、1両編成の先駆的な国産車両として、国内の路面電車の規範になった。長さ8・23メートル、幅1・98メートルで、現存している京電車両群のうち製造年代が最古級になるという。
 京電は同28(1895)年、京都駅に近い京都市・東洞院塩小路下ルと伏見町・下油掛間で開業した。岡崎などへの路線も営業したが、後発の京都市電と競合し、大正7(1918)年に市によって買収された。二号電車は昭和36(1961)年に市電北野線が廃止されるまで走行し、廃車時の状況をよくとどめる。
 翌年、平安神宮が市から車両をもらい受け、南神苑で展示している。平安遷都1100年の記念事業で、1895年に第4回内国勧業博覧会が近くで開かれた際、岡崎への公共交通として京電が利用された由縁がある。
 平安神宮は「記念事業に際して神宮が創建、京電が開業したゆかりから、近代日本の発展とともに歩んだ車両を預かったいきさつがある。重文指定は喜ばしく、後世に伝えられるよう保存展示したい」とする。
 重文の電車車両は「ナデ六一四一号電車」(鉄道博物館、さいたま市)、「東京地下鉄道一〇〇一号電車」(地下鉄博物館、東京都江戸川区)に次いで、3件目となる。
 このほか、1970年大阪万博のシンボルで芸術家岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」(大阪府吹田市)を登録有形文化財とするよう答申した。