21日午前7時50分ごろ、京都市伏見区竹田醍醐田町の近鉄京都線踏切で、橿原神宮前行き急行列車が線路内に立ち入った男性と接触した。乗客にけがはなかった。伏見署によると、男性が踏切の遮断機を上げて線路内に入ったとみられる。

 この事故により京都―向島間で同8時40分まで運転を見合わせた。上下計50本が一部区間や全区間で運休したほか、同9本が最大56分遅れ、約1万人に影響した。