国立京都国際会館(京都市左京区)

国立京都国際会館(京都市左京区)

 国連犯罪防止刑事司法委員会は21日未明、新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、京都市で4月20~27日に予定している第14回国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)の延期を決定した。

 同会議事務局の国連薬物・犯罪事務所が発表した。新たな開催時期などは未定で、日本側で準備を担当する法務省は「今後の状況を踏まえ、外務省と連携しつつ国連と必要な協議をしていく」としている。

 コングレスは犯罪抑止・刑事司法分野における国連最大の国際会議で、5年ごとに開かれている。カタールの首都ドーハで開かれた前回は世界約149カ国から約4千人が参加した。

 誘致に当たった京都府の西脇隆俊知事は「開催の時期や場所は未定とのことだが、犯罪防止のメッセージをここ京都から世界に発信できるよう国連に強く働きかけたい」、京都市の門川大作市長は「終息後、万全の体制で開催できるよう、法務省などと連携し、オール京都で準備を進めていく」とそれぞれコメントを出した。