見頃を迎えた菜の花(日野町西大路・ブルーメの丘)

見頃を迎えた菜の花(日野町西大路・ブルーメの丘)

 滋賀県日野町西大路の滋賀農業公園「ブルーメの丘」で、約4万本の菜の花が見頃を迎えている。春の陽光に照らされた黄色の花畑が、来場者の目を楽しませている。

 園内の約2千平方メートルの畑で栽培している。同公園によると、今年は暖冬の影響で例年より1週間ほど早い3月中旬から開花が始まった、という。
 チョウやミツバチが飛び交う菜の花畑で、来場者は間近で花を眺めたり、写真撮影したりしている。家族4人で訪れた京都市北区の会社員男性(34)は「きれいに咲いていて、春を感じることができた」と話した。見頃は4月中旬まで。
 彦根地方気象台によると、22日の県内の気温は4月中旬~5月上旬並みで、甲賀市土山町で今年最高となる20・2度を記録し、大津市で19・9度、彦根市で16・5度だった。24日前後は冷え込むが、以降は暖かい日が続くという。