米軍経ケ岬通信所(京丹後市)

米軍経ケ岬通信所(京丹後市)

 米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)は23日、近畿中部防衛局を通じて、緊急メンテナンスのために発電機を24日から稼働させると発表した。夜間も一定期間連続して稼働させる。

 米軍は「稼働は1台のみとし、住民への影響を小さなものとするよう努める」としているという。26日夕または27日まで稼働する見込み。
 発電機の稼働を巡っては、騒音問題が発生したことから住民らが抗議。2018年夏に商用電力が導入された。メンテナンスに伴い、同年以降も発電機が稼働されることがあったが、府や市、住民が米軍に対し、休日や夜間の稼働は控えることや事前連絡を求めていた。今回の稼働については同防衛局が既に地元に連絡したという。