共同通信社(東京都港区)は23日、同社が業務委託契約をしているフリーランスの40代の男性映像カメラマンが新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。男性は芸能ニュースの映像取材・編集を行っていた。

 同社によると、男性は17日午前、せきが止まらず38度の熱があったため、都内の診療所を受診、肺炎と診断された。18日も熱が下がらず、倦怠感があったため、19日に都内の病院に入院。保健所によるPCR検査で、23日に陽性と判明した。男性によると、既に平熱に戻っている。

 同社総務局は「関係機関と連携して感染拡大の防止に努めていきます」とのコメントを出した。