シャープの三重工場で生産したマスク

 シャープの三重工場で生産したマスク

 シャープは24日、液晶ディスプレーを手掛ける三重工場(三重県多気町)でマスクの生産を始めた。工場内の空きスペースに関連設備を導入した。当面は1日当たり約15万枚を製造する。出荷は3月下旬からで、新型コロナウイルス感染拡大に伴う供給不足の解消につなげる。

 マスクの供給先は政府と調整し、必要性の高い地域や施設に優先して納入する。生産量は段階的に引き上げ、最終的に1日約50万枚まで増やす。シャープの通販サイトでも販売していく計画だ。価格は検討中という。

 政府はマスク増産の設備投資を決めた企業に対し補助金を交付すると2月に決定。シャープもこの補助金を活用した。